歯周病 | インプラント | 専門歯医者「大阪歯周インプラントセンター(大阪市北区梅田、東大阪市徳庵本町)」

(有)大阪歯周インプラントセンター

有)大阪歯周インプラントセンターは正式登記された
有限会社(特例有限会社)であり、
医療法人 白鵬会は医療部となっています。


当院は平成26年(2014年)に開業100周年を迎えました。

大阪歯周インプラントセンター 大阪駅前丸ビル診療所 JR学研都市線徳庵駅前診療所

メインナビゲーション

病気の原因

 最初の日は、患者さんの主訴(一番気になるところ)を聞き、痛みや腫れなどの緊急の処置が無ければ、基本的な検査を行います。
レントゲン検査、虫歯の有無、噛み合わせの診査、お口の型取りなどを行います。
 もし、痛みや腫れ、歯の破折や義歯の修理など、緊急を要する処置が必要な場合には、それらの治療を先に行い、それらの治療が一段落してから検査に移ります。

 最歯科医院と一口に言っても、その中にはいろいろな専門の科があります。もちろん虫歯を治療する歯科が一番よく知られていると思います。
その他に歯並びを治す矯正科や子供の歯を治療する小児歯科、親知らずの歯を抜いたり、骨の中の病気を手術で除去する口腔外科、そして歯周病科、インプラント科などの専門科があります。
 歯や歯肉が悪くなるには必ず原因があります。その原因はそれぞれの患者さんによって違っています。歯が原因の人、歯肉が原因の人、かみ合わせや歯並びが原因の人などです。でも、どの分野の先生に診てもらえばいいのか、これは患者さんではなかなかわかりません。
 当センターでは、まず検査を行い病気の原因を調べます。そして治療するには、どの科で治療すればいいのかを患者さんにわかりやすく説明します。
そして専門の科で連携して治療を進めて行きます。治療終了後は、再び同じ病気にならないように予防治療を行います。
 下の年代別の抜歯原因のグラフを見てください。 40才代以降になると歯周病で歯を失う割合が急増しているのがわかります。 当院では日本歯周病学会の専門医と専門歯科衛生士が常勤務しています。
遠慮なくご相談ください。
歯周病の治療は検査後の進行具合によって変わります。 下記を参照ください。
歯周病の各段階に応じた治療

年代別の抜歯原因 2005年 8020推進財団調査結果から作図

ページトップへ