歯周病 | インプラント | 専門歯医者(大阪市北区梅田、東大阪市徳庵本町)

大阪歯周インプラントセンター 大阪駅前丸ビル診療所 JR学研都市線徳庵駅前診療所

メインナビゲーション

大正3年開院から

 当医院の歴史は古く、大正3年に旧国鉄片町沿線で最初の歯科医院として、現在の東大阪市徳庵駅前に 初代院長によって開設されました。

 その後、幾多風雪を乗り越えて地域の歯科医療に貢献してまいりました。
 しかし、増加する患者さんと遠方よりご来院の患者さんの要望もあり、昭和51年に交通の便利のよい大阪駅前にマルビル診療所を開設しました。

 当時は、義歯の患者さんが多くいらっしゃいました。歯がなくなってしまって義歯を使っているが、気持ち悪い、ゆるく落ちてくる、噛めないなど不自由を訴える患者さんが多くいらっしゃいました。現在ではよく知られているインプラントという治療法も当時の患者さんには、まだまだ聞きなれない言葉でした。1975年頃の話です。

大正3年頃の写真

阪本義重
阪本義重
(文久2年/1862年~1942年没 81歳)
東大阪市立 楠根小学校 初代校長(明治34年~明治42年)
阪本義重
阪本義太郎
(明治24年/1891年~1972年没 82歳)
阪本歯科 初代院長
阪本義重
阪本義樹
(大正15年/1926年~2009年没 84歳)
阪本歯科 二代目院長

ページトップへ