歯周病 | インプラント | 専門歯医者「大阪歯周インプラントセンター(大阪市北区梅田、東大阪市徳庵本町)」

(有)大阪歯周インプラントセンター

有)大阪歯周インプラントセンターは正式登記された
有限会社(特例有限会社)であり、
医療法人 白鵬会は医療部となっています。


当院は平成26年(2014年)に開業100周年を迎えました。

大阪歯周インプラントセンター 大阪駅前丸ビル診療所 JR学研都市線徳庵駅前診療所

メインナビゲーション

歯周病

歯周病 詳しい 動画

Q なぜ歯周病で歯が抜けるの?

 30歳を過ぎた成人の歯が抜ける原因の9割は歯周病です。
また、55歳から65歳の間に日本人の2人に1人は入れ歯になっています。歯周病とはいったいどんな病気なのでしょうか。何が原因で、どのようにして起こるのでしょうか。 どうやって治療すればよいのでしょうか。 歯周病は、もともと患者さんの口の中にいる常在菌と呼ばれる細菌の感染症です。
 この細菌は、嫌気状態(空気に触れない状態)を好むため、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットと呼ばれる溝の中や、歯並びが悪い歯の間、そしてかぶせ物の隙間などで繁殖します。 繁殖した細菌はLPS(リポ多糖)という毒素を出します。そして、歯を支えている結合組織や骨を破壊してゆきます。
 組織が破壊されて、ポケットはさらに深くなり、より空気に触れない環境の中で、さらに細菌は増殖し、さらにポケットは深く・・・という悪循環を繰り返し、最後に歯が抜けてしまうのです。

▲担当の歯科衛生士が指導します

Q 歯磨きを一生懸命やっているのに歯周病になるのは?

 歯周治療を、歯石除去や一生懸命歯磨きする事と思っている患者さんが多くいらっしゃいます。 でもこれは間違いです。歯石は歯の表面に唾液中のカルシウム成分が、石のようになって付着したもので、歯石自体は細菌ではありません。
 除去することで歯の表面が滑らかになり、プラークをつきにくくする効果はありますが、歯周病の細菌を除去しているのではありません。 歯磨きは、むし歯の原因菌の除去にはなっても、歯周病の直接の予防にはなりません。歯周病のごく初期の段階では、歯磨きも有効です。しかし歯ブラシの毛先はポケットの深さ2ミリまでしか到達しないことが実験の結果わかりました。
 2ミリ以上の深さになると、歯周病科で専用の器具を使ってポケット内を消毒しなければ細菌を除去できません。4ミリを越えてしまった場合は、メスを入れて歯肉を切開して、健康な歯肉の状態に近づける手術が必要です。

▲スケーリング前
▲スケーリング後

Q 歯周病ってどんな治療をするの?歯周手術って?

 歯周病の原因は細菌です。この細菌が繁殖できない健康な環境に口の中を変えてゆくのが歯周治療です。
毎日食事をすると、そのつど口の中は汚れます。歯磨きはもちろんのこと、歯周病菌を毎日清掃で除去しなくてはなりません。 これは歯周治療を行う上で毎日やらないといけない事です。
 しかし、歯並びが悪かったり、かぶせ物が合っていなかったりすると、清掃器具は入りません。 また歯周ポケットも深くなると清掃器具の毛先が届きません。このような状態を、清掃器具が届く健康な状態に変えてゆくのが歯周治療です。歯周病の治療には口腔外科と矯正の専門知識が不可欠なのです。

▲当センターの手術スタッフ

Q テレビで宣伝しているうがい薬や薬用の歯磨き粉は効果があるの?

 歯周病の細菌は、薬を使わなくてもブラシの毛先でかき出すだけで、簡単に死んでしまいます。なぜかと言うと、歯周病の原因菌は、嫌気性菌(けんきせいきん)と言ってCO2(二酸化炭素)を使って生きています。
 そのため反対に空気中の酸素に触れると死んでしまいます。ですから、歯周ポケット内の細菌をブラシの毛先で口の中にかき出すだけで十分です。
しかし、深くなったポケット内に歯ブラシや歯間ブラシの毛先が届くでしょうか。毛先を根元まで挿入しないと無理です。しかし、こんなことは不可能です。
 ポケットを浅く、健康な状態に戻すことが必要です。つまり、歯周病で深くなったポケット内の細菌に対しては、薬や薬用の歯磨き粉は必要ありませんし、使っても効果はありません。 大切なのは、清掃器具で直接細菌を除去することです。

▲正しい口の管理が必要です

Q 歯ぐきのマッサージって効果があるの?

 マッサージと言うのは、ご存知のように筋肉に対して行うものです。
歯や歯肉には筋肉はありませんので、歯肉に歯ブラシでマッサージを行ってもまったく意味がありませんし、効果も期待できません。
 大切なのは、歯と歯の間や歯周ポケット部に清掃器具を到達させて、プラークを除去することです。 清掃器具の毛先を到達させる場所が重要です。


Q 歯槽骨再生手術って?

 再生医療とは、患者さんの体の失ってしまった、部分の臓器を患者さんの体自身の再生能力で元に戻す治療です。 歯が抜けてしまうと、その部分の骨が失われ、大きな穴があいてしまいます。
 しかし再生手術を用いると、下の写真のように、人工歯根のインプラントとともに失われた骨も再生することができます。
詳しくは、当センター再生医療の専門医にご相談下さい。

▲骨再生前
インプラントを埋入しましたが骨がありません。
(白い部分が骨です)
▲骨再生後(約3年後)
患者さん自身の骨が
再生しました。
骨が無くても
インプラントは可能です。
▲骨再生前
インプラントを埋入しましたが骨が 無くインプラントが露出しています。
▲骨再生の方法
特殊な膜を使って(GBR法) 患者さん自身の骨を再生します。
▲骨再生後(3ヶ月後) 患者さん自身の骨が再生しました。

ページトップへ